SHEEPING TIME

いろいろやってみたり紹介したりする雑記帳

「会田誠氏講義セクハラ訴訟」についての話

京都造形芸術大学で開催された「人はなぜヌードを描くのか、見たいのか」というテーマの講義について、参加した女性がセクハラだとして同大を運営する学校法人を訴えたというニュースを見ました。

ツイッターでもこの件を巡って様々な意見が流れていますが、この訴訟そのもの、また訴訟に対する意見等に関して個人的に思ったことを書いてみたいと思います。

なお、私は法律に関しては全くの素人ですし、美術に関して詳しいわけでもありません。また、一連の騒動の詳細について分からないことが多いので、「もしかしたらこうだったかも」「仮にこうだったとしたら」というような想定が多くあります。

誰が悪いのか結論付けたいわけでもありませんので、あくまで一個人が「こんな風に感じた」という感想と思って頂ければ幸いです。

 

訴訟の概要

以下のようなニュースが流れています。

www.j-cast.com

headlines.yahoo.co.jp

 

ざっくりですが、こんな流れかと思います。

・芸大の公開講座にある女性が参加した。

・全5回の講座の第3回で会田誠氏の講義があり、「泣きながらレイプされる少女の絵」や「四肢を切断された女性が犬のような格好をしている絵」「AV女優が巨大なゴキブリと性交渉している絵」等が投影されて、それを見てショックを受けた。

会田誠氏による「デッサンに来たモデルをズリネタにした」等の下ネタ発言があった。

・第5回では勃起した男性の写真が投影された。

・女性は「作家の作品の是非や、セクハラ言動そのものではなく、環境を作り出した(暴力性のある作品も取り扱うことに関して告知が不十分だった)ことが問題だ」として芸大に訴えた。

・芸大は対策が不十分だったと認めた。

・その後の交渉で、芸大から「お互い関わり合いを持つことやめる」という項目の要望があり、交渉が決裂した。

→訴訟

 

ポイントは、環境を作り出した芸大を訴えていて、会田誠氏を訴えているわけではない点かなと思います。

 

とはいえ、会田誠氏がセクハラ言動をしたとされているので、会田誠氏が反論を述べているのは、まあそんなものかなと思います・・・。

(個人的には、これほど性暴力に満ちた作品を描く作家がセクハラと訴えられて何が傷付くのだろうか、と思わなくもないですが、作品の話と作家の人格・言動の話は別で、会田誠氏は自身の言動に注意を払っており、セクハラにならないよう配慮していたつもりだからということかと思います。※ツイッターでの情報ですが、作品をスクリーンに映し出す前に注意喚起をしていたとのことですので。今回の件、会田誠氏にはそれほど否はないと思います)

 

大学側の告知(シラバス等)は十分だったか

 

セクハラを受けてしまう環境を作り出したことが問題とされていますが、大学側の告知(シラバス等)が十分だったか、という点が問題になるかなと思います。

この辺りに関してツイッターの「存在するとは別の仕方」さんの一連のツイートが腑に落ちました。

 最初にロダンの作品の写真がバーンとあって、更に西洋美術史の概観と説明されていて、ぱっと見「安全」そうに見える。このシラバスの内容からでは「エログロ・レイプ等」の作品まで扱うことを読み取ることは難しいのではないか、というものです。

 

第3回の説明は次のようなものです。

「第3回:ヌードあれこれ話

 ヌード、あるいは女性像を画題にした自作を中心に話します。

 たぶん芸術と対立概念になりがちなポルノの話や、第二次性徴の話、

 フェミニズムの話なども避けては通れないでしょうね。

 (会田誠×鈴木芳雄)

[担当講師:鈴木芳雄、会田誠]」

 

この説明内容から「泣きながらレイプされる少女の絵」や「四肢を切断された女性が犬のような格好をしている絵」「AV女優が巨大なゴキブリと性交渉している絵」を見せられると予想できるか。

予想できる方はいると思いますが(特に会田誠氏について知っていた方)、私だったら予想できなかったと思います(会田誠氏を存じ上げなかったです)。

ポルノと書いてあるので、「ん? ロダンとかの西洋美術からは変わるんだな。」くらいは思うだろうと思いますが、暴力性を含んだ絵かどうかまではちょっと・・・という感じです。

 

大学側にどの程度の注意書きをする義務があるのか分かりませんが、

「※エログロ・レイプ等の暴力的な表現を含みます。

 苦手な方はご注意下さい。

 なお、講師である会田誠氏について検索する際は、

 ショッキングな画像が表示される可能性がございますのでご注意下さい。」

これくらい書いてあればさすがに警戒します。

(ホラー映画とか、絶叫マシーンの注意みたいですね)

 

「自作を中心に話します」という表現から推察するに、芸大側が会田誠氏に講義の説明を書いてくれと依頼して、会田誠氏がさらっと書いてそれをそのまま掲載した、のかなと思います。

芸大側は、そこに注釈をいれるべきだったのかどうか。。

 

会田誠氏は知っていて当たり前?

 

ツイッターでは原告の女性に対して、「会田誠氏くらい知ってて当然だろ」という批判も多くありました。

知っているかどうかは、年齢・世代・友人関係・趣味嗜好等のいろいろな要素に影響されると思いますが、少なくとも私は知りませんでした。

「名前・・・どこかできいたことあるかも・・・?」検索して作品を拝見し、「あー・・・、なにかで見たことあるような気もする」という程度です。

※滝(?)にスクール水着の女の子がたくさんいる絵についてです。

 

このことに対して、「常識がない」と思う方もいるかも知れませんが、私としては良いこと・幸せなことだと感じます。

別にエログロなんて見たいと思ってない私が、そういった作品に触れずに生きてこれたのは、会田誠氏の作品がきちんとゾーニングされていた、ということだと思います。

(今回の件でいろいろ見てしまいましたが、自ら検索した結果なので構いません。嫌悪感はありますが、悪夢に苛まれるほど苦手なわけでもないですし)

 

原告の女性は芸術畑の方とのことで、それなら知っていて当然だろうという意見に対してはなんとも言えません。そういうものなのかも知れません。

ただ、「芸術畑にいる人ならたいてい知っているものだろう」「知らないのは勉強不足だ、怠慢だ」等の意見と、「知っていて当然だ、知らなくて被害にあったのはバカだ、お前が悪い」というような意見はぜんぜん別物だと思います。

 

自衛の為(もしくはそれ以外の為でも)講師について事前に調べることは当然のこと?

 

原告の女性が事前に会田誠氏について調べ、被害を回避できていたなら、何も問題が起きず、女性も芸大も会田誠氏もだれも不幸にならずに済んだと思います。

調べていたらよかったのにね、と。

調べることが勤勉な態度であるとも思います。

「僕は興味があることについてはちゃんと調べますよー」という方の感覚もわかります。

 

ですが、講師を一人ずつ検索するだろうか?とも思います。

(私はそこまで勤勉な人間ではないので)

シラバスロダン写真のイメージで安心していたなら尚更かもしれません。

 

しなかったことは、悪として責められるほどのことなのか。

個人的は、しなかったのにセクハラだと言って、金銭まで要求するのはどうなのだろうか、という疑問はあります。それが、原告の女性が批判を受けている原因なのかも知れません。

自分自身がどのくらいベストな行動をとることができたか、相手(今回の場合は芸大)にどのレベルまで配慮を求めても正当と言えるのか、求める配慮が過剰ではないのか。

 

自己責任論はいろいろな問題で出てきますが、ものすごくデリケートで難しい話だと思います。

 

女性の行動は幼稚・軽卒ではなかったか

会田誠氏は、自作映像を投影する前に注意喚起をしたとのことですが、それがエログロ・レイプ等を含むものだと予測可能なものだったかは分かりません。

ですが、実際に絵が投影されて「うわ、これは無理」と思ったなら、「やっぱりちょっと無理そうなので私は遠慮させてください」と、退席することは可能だったと思います。

自分自身の身を守る為にも、そういった対応ができるようになっておく方が良いと思います。

言い出し辛い空気は想像できなくもないですが。

 

一方で、見せられた作品にあまりにもショックを受けてしまい、頭が真っ白になり、パニックに陥ってしまってどうにもできずにいる間に、次々と作品を見ることになってしまった、という可能性もあるかもしれないと思います。

見たその時は耐えられる範囲だと判断したものの、あとからフラッシュバックして、どんどんショックが大きくなってしまったという可能性もあるかも知れません。(自分自身で継続して見るという判断をしたなら、訴えるまでするか?という点は疑問です)

 

また、第3回でこのようなことになってしまったのに、第5回に対して警戒することはしなかったのか、というのも不思議に思います。

「なんか・・・思っていたの違うかも」と、さすがに察知できたのではないか。

察知して、いちおう今後の講師について調べておこう、と行動できなかったのか。

 

第5回の講師である写真家の鷹野隆大氏について検索すれば、その作品が男性のヌードを取り扱う写真家であることが分かります。

過去にその作品の展示に対して、わいせつ物の陳列にあたるとして県警が美術館を検挙した(しようとした?)ことに関する、当時の美術館の声明のようなものも検索結果に出てきます。

検索結果から、「勃起した男性」を見ることになるかも知れない、、と予想して講義を欠席するという選択はできなかったのだろうか、と思います。

受講料が惜しかったのかもしれませんが。

 

※調べたけど、画像検索で出てきた範囲ではさすがにペニスは出てこなかったので「、勃起した男性」は予測できなかったという可能性はあると思います。また、過去に検挙された(されかかった?)からこそ、もうペニス写真は出さないだろう、という判断をしてしまった可能性もあると思います。

 

実際どうだったのかはわかりませんが、原告の女性の行動に関して、幼稚・軽卒といった印象を抱く人が多く出てきてしまうのも仕方がない面があるのではと思います。

 

なお、写真家の鷹野隆大氏の展示に関する話は、これはこれで興味深かったです。

十分な注意喚起して、見せる側も見る側も準備を整えた環境で展示していても、警察は陰茎が写っていれば一律アウトとするしかない・・・と。

白いヴェールをかけて対応したようですが、昔の絵画でもそのような話があった気がします(有名な絵画を赤外線?X線?で調べたら、実はもともとは裸で描かれていたのに後から腰巻きが描き足されていた事がわかった、というような話です。過去をなぞった対応をされたのだと思います)。

 

当たり屋である可能性について

これに関しては、正直、「まあ、その可能性もなくはないかも・・・?」くらい感想です。

ツイッターで「原告の女性は会田誠氏をとても嫌っていて、わざわざ講義に参加して訴えたのではないか」という旨の意見がありましたが、訴訟相手が大学法人であること、女性の訴えが「作家の作品の是非や、セクハラ言動そのものではなく、環境を作り出したことが問題だ」というものであることから、少なくとも会田誠氏に対する当たり屋ではないと思います。

 

芸大に対する当たり屋?

講義を受けた後に、「これ訴えればお金になるかも」と思いついた?

可能性の話としては、なくはないかなーと思います。

 

会田誠氏の作品そのものとゾーニングについて

以下は、今回の騒動からちょっと離れた蛇足的なものです。

 

私は会田誠氏の作品そのものは嫌いです。

こんな暴力的・猟奇的な作品が存在するのか・・・、しかもファンがいて、世間的に一定の評価を得ており、「新ジャポニズム」の代表とされているのか・・・、と否定的な気持ちになってしまいます。

ですが、そういった表現が存在すること自体は、規制されるべきものではないと思います。

何かを表現してはいけない、という規制は、もはやその規制自体が暴力なのではないかと思います。

 

こういった作品が好きな人は、グロテクスだけど、神秘性を感じるとか、そんな感じなのでしょうか。

リョナ的な作品を好む人がいるのは、まあ、もう、そういう性癖に生まれついてしまったものは仕方ないよね・・・、なるべく、見えないところでやってくれると・・・嬉しいな・・・という感じです。

(あくまで創作の場合であって、実際に性犯罪を犯した人間に対しては、「死刑にするか少なくとも陰茎を切り落とせ、お前の命や陰茎ひとつでどれだけの人間が平和に暮らせるようになると思ってる?」くらいの気持ちです(過激派))

 

 

今回の一連の騒動も、つまるところゾーニングの問題だと思いますが、

ゾーニングとは、いったいどれだけの配慮をするべきで、どこから自己責任論が適用されるべきなのか。

いま現在の世間一般のそれらのバランスは、果たして最適と言えるものなのか。

 

以前、ライトノベルの表紙が卑猥すぎる、しかも適切にゾーニングされていない為に娘が偶然見てしまった、というような話が炎上したのを見ました。

ライトノベル」の範疇で許される表現の範囲はどこまでなのか。誰の感性を優先して決定されるべきなのか。

親がライトノベルの棚にそういったものもあると知っているのが当然であり、知らずに(知っていても)子供が見てしまうことを防げなかったら、自己責任論で片付けられてしかるべきなのか。

例えば、子供がひとりで青い鳥文庫のような児童文学を買いに行って、後ろを振り返ったときに見たくなかったものが目に入ってしまったら、それは自己責任なのか。(意外と児童文学とラノベが近くにあるケースも多いと思います)

 

コンビニに陳列される成人向け雑誌も、今のゾーニングが正しい姿と言えるのか。

角を曲がる時に見えるのに? トイレやATMを使おうとしたら見えるのに?

 

昔よりも配慮がなされるようになることはもちろん良いことですが、それは「もう配慮が十分であり、ゾーニングは最適であり、今が正しい姿である」とはイコールではないと思います。

また、どこかで許されているからココでも良いということはないし、逆にどこかで規制されているから、議論もなしにココでも規制するべきというものでもないと思います。

(日本や書店やコンビニ等、いろいろな意味を込めて抽象的に「ココ」としています)

 

少し写真家の鷹野隆大氏の作品を巡る騒動に話が戻りますが、見たい人だけが見ることができる環境なら良いのではないか、と個人的には感じます(どれだけ配慮があれば十分と言えるのか、という問題は難しいですが)。

でも、警察の判断・ルールでは、一律アウトとするしかない、と。

ネットに溢れるレイプ漫画の広告やコンビニに陳列される成人向け雑誌は許されて、この理性的な展示は許されない状態が、最適な線引きであると言えるのか。

 

人の趣味嗜好も考え方も千差万別の中で、最適解を見つけるのは、非常に難しいことだと思います。

ですが、「最適なバランス」を見つける努力はするべきだと思いますし、議論することなくこれは規制するべきだ、 もしくは規制しないべきだ、という態度をとることは、どちらも「最適なバランス」に対する敵だと思います。

 

いろいろと長々と書きましたが、以上です。

読んでくださった方、ありがとうございました。